南整形外科クリニックへようこそ

南整形外科クリニック ≫ 南整形外科クリニックのニュース ≫ 第37回豊前・豊後地域連携パス研究会

第37回豊前・豊後地域連携パス研究会 new

写真

2019.4.20 37回豊前・豊後地域連携パス研究会で講演させて頂きました。

この会は11年前に中津市医師会主導で発足し、病院から介護施設まで、さらに行政や保健所等の他職種の方々が顔を合わせ、お互いの立場を理解し、共に学び合う会で、年に3回開催しております

本研究会の担当理事である私は、今回骨粗鬆症の疫学・背景から予防、診断治療に至るまで実情、当院における骨粗鬆治療の現況についてお話させて頂きました。

特に大腿骨近位部(足の付根)骨折を起こすと、約20%が1年以内に死亡する、約50%が5年以内に死亡する、また大分県は本骨折の発症率が全国ワースト4位というデータがるため、骨折予防の重要性について強調しお話させて頂きました。

薬を止めると、約1〜2年で元のベースラインに戻ってしまいますので、治療の継続が骨折予防で重要です。

また最近の研究で、骨粗鬆症は動脈硬化や慢性腎臓病、糖尿病などの全身疾患と関連することが分かっており(臓器間ネットワークシステムといいます)

生命予後の観点からも治療の継続が必要です。

骨粗鬆治療について質問、相談等ございましたら、どうぞお気軽に当院を受診されて下さい。


掲載日: 2019年05月04日(土)

情報一覧に戻る

南整形外科クリニックのニュース一覧

2019年05月04日(土)
第37回豊前・豊後地域連携パス研究会new
2019年03月25日(月)
肩肘のスポーツ障害の臨床を学ぶ会
2019年01月29日(火)
中津市医師会学術講演会
2018年10月30日(火)
中津野球塾
2018年09月25日(火)
第32回日本靴医学会学術集会