南整形外科クリニックへようこそ

南整形外科クリニック ≫ 診療案内

診療案内

【診療科目】

整形外科 / リハビリテーション / リウマチ科

【診療時間】

時間帯
午前 受付9:00~12:30
午後 受付14:30~18:00

※日曜・祝日は休診日です。

整形外科

整形外科 診療の様子一般外傷(骨折、靭帯損傷など)や変性疾患(変形性関節症など)といった整形外科的疾患の診断と治療、
痛風、関節リウマチなどの慢性疾患、骨粗鬆症の検診と治療を行います。
診断の結果、手術や入院等 必要な患者さまは、最適な手術、治療が可能な専門病院をご紹介いたします。
地域の皆さまのかかりつけ医として、まずはお気軽にお越しください。

主な症例

腰痛、肩こり、変形性膝関節症、五十肩、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、神経痛(坐骨神経痛) 、関節痛、首・背中の痛み、外傷(打撲、捻挫、骨折、脱臼、筋腱損傷、熱傷など)、スポーツ障害、ムチ打ち症、寝ちがい、手のしびれ、腱鞘炎など。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)検診のご案内

骨粗鬆症骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは

骨粗鬆症は、骨がスカスカになって骨折しやすくなる病気です。
最初は自覚症状はありませんが、骨の変形、骨の痛み、
さらには日常生活程度の負荷によって骨折を起こす事もあります。
骨折による痛みや障害はもちろん、大腿骨や腰椎の骨折は高齢者の寝たきりにつながるため、厚生労働省も予防、検査をすすめています。
人口の急速な高齢化を背景に骨粗鬆症の患者も年々増加しており、
2011年時点で1300万人と推測されています。

骨密度の測定検査は、4ヶ月に一度は
保険で受けることができます。

骨密度測定装置当院ではX線骨密度測定装置「DCS-900FX」で
骨密度検査を行っております。
骨粗鬆症学会が推奨する、腰椎・大腿骨近位部で測定し、
高精度かつ20分程度の短時間で検査ができます。
その結果をもとに、一人一人の患者様にあった骨粗鬆症の
テーラーメイド治療を行っております。

骨粗鬆症について、検査の詳細はこちら

リハビリテーション

リハビリテーションルーム当院では3名の理学療法士により、患者様一人一人の病状に応じた運動療法を実施しております。
首・肩・腰・膝などの変形疾患、介護となるリスクの高い「ロコモティブシンドローム」、
スポーツ障害の予防や治療など、様々な運動器疾患を対象に治療を行っております。
日々進歩する最新治療器も積極的に導入し、地域の皆様のお力になれるよう、 リハビリスタッフ一致団結して精進いたしております。

リハビリ室

間接照明を用い、天井高を利用した開放感ある空間です。ホスピタリティ溢れるスタッフが笑顔で対応します。

リハビリテーション施設の詳細はこちら



理学療法

超高齢化社会に伴い、転倒・骨折が増加し介護人口が年々増えています。運動器障害により、要介護や寝たきりになるリスクの高い状態を「ロコモティブシンドローム=運動器症候群」といい、現在問題となっています。
またスポーツにおいても多様化・高度化し、様々な世代でニーズが高まり、スポーツ外傷・障害の増加しており、身体機能の改善には適切な評価・予防・治療が必要となります。

リハビリテーション 運動療法の様子

当院では、運動器を専門とした理学療法士による個別運動療法を実施し、根拠に基づいたリハビリテーション治療を提供しています。


超音波治療機超音波

当院では、超音波刺激によるコンビネーション治療を行っています。1秒に100~300万回のミクロマッサージにより、疼痛を緩和します。また、スポーツに多く見られる打撲や捻挫などの急性期の治療なども可能です。


施設のご案内はこちら


リウマチ科

関節・骨・軟骨・筋肉・腱・靭帯などに「痛み」や「こわばり」を起こすリウマチ性疾患。
免疫系の異常が原因で、適切な治療には的確な早期診断が必要です。
不安を感じたら、まずはお気軽に検査、診断にいらしてください。
患者さまの症状によっては、最適な治療が可能な専門病院をご紹介いたします。

初診の方へ